概要

<牛久沼>

利根川水系の小貝川支流に含まれる沼。名前の由来は 泥深く牛をも飲み込んでしまう牛喰い沼、つまり「牛をも喰った沼」という金竜寺の伝説とのこと。カッパ伝説があったり、白鳥が毎冬約40羽近く飛来したり…バス釣りでも有名だったコトもあったけど今はどうなんだろう?

うな丼は、「牛久沼が発祥の地」といわれているらしいし…

なんかいろいろ調べてみると面白そうな沼といった感じ。

 

<見どころ 時期>

う~ん 今のところよくわかりません。

風の強い日は注意 といったところでしょうか?

なんか不思議な牛久沼

出艇場所候補をあちこちまわりつつ、今日は風向きの関係で三日月橋からに決定。

橋のたもとのカッパの像に見送られ出発です。

 

行きは向かい風。少し湖面が波立っています。

 

ここ牛久沼はまわりに囲むモノがないので、風の影響をモロ受けやすいようです。

三日月橋のある稲荷川から牛久沼に出て(稲荷川の三日月橋から上流は「釣りエリア」で 船は立ち入り禁止との看板がありました)右側に…

 

谷田川を通りすぎたあたりに「泊崎大師堂」が見えます。縁結びと長寿にご利益があるとか、さらには長患いせずに人生の最後を迎えられるとか…

正面を牛久沼に向かって建ててあるというのは何か意味があるのでしょうか?

 

泊崎大師堂を右手に見つつ 先に進むと湿原遅滞のような風景が広がっているのですが、その先を見ると普通の住宅地が見えて なんとなく不思議な景色です

 

それでも 耳をすますと 蛙や鳥の鳴き声が聞こえてきたり、ときおり奥に隠れていた鴨が飛び出してきたりして…

 

「自然」が残されているんだなぁと感じられます

 

 

 

 

さらに進むと さっきまでの「自然の風景」から一転して 国道6号線の橋が見えてきました。

けっこう交通量の多い国道です。

急に景色が変わるので、 う~ん…ここはドコ??的な感覚におちいります。

 

 

 

橋に近づいて行くと 今度は右側に「親水公園」が見えてきました。出艇場所の下見に来たときにも見たのですが、この公園には水辺に向かうキレイなスロープがあります。が、なんとここにはしっかり鎖が張ってあります。なので ここからの出艇は出来ないようで…モッタイナイやら残念やら

 

 

そんな状態にガッカリしていると、なぐさめるように 白鳥が近づいてきました。

ここの白鳥は餌付けでもされているのか 飼われているのか すごく人なつっこいようです。

そうとう餌を食べているようで ちょっとでっぷり体型なのが気になります。

次に気になったのがこの小島(?) 一周してみました

 

いかにも人工物の土留めがしてあったり…なにか漁具のようなものがあったりと「何か」利用されているようですが、「何に」使われているのかはわかりませんでした。

 

そしてここから 途中無理やりの上陸をはさんで帰路に…

約1時間半 7.7kmの漕ぎになりました

<出艇場所 1>

 

今回使用したのが アヤメ園近くの三日月橋

アヤメ園に駐車場とトイレあり。

出艇もしやすいです

<出艇場所 2>

 

泊崎大師堂付近。

6号線を北上 45号を左折 210号を左折 細見橋手前を左折したつきあたった場所

出艇はしやすそう 駐車スペースが5台分ほど トイレはありません。

ウインドの人も利用している様子

<出艇場所 3>

 

水辺公園わき。

駐車場も広く トイレもきれい

ただ出艇は 慣れた人じゃないと難しいかも

<FC2ブログ記事 等>

 

2011.04.28 牛久沼 <1> <2> <ルート>

2011.04.28 7.7km 1h37m